ぎっくり腰との付き合い | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

ぎっくり腰との付き合い

a88a9fc44fb190d6cfd60d6b616c3c50_s

7年くらい前ですが、突然ぎっくり腰になったことがあります。

朝、目が覚めていつものように起きようとすると、腰に今まで感じたとがない激痛が!
午前中はほとんど動けず、午後になり、どうにかこうにか整形外科へ。
レントゲンの写真を見た先生は、
「いわゆるぎっくり腰だね。普通の人に比べて腰の骨の湾曲が少ないんだよ。こういう人はぎっくり腰になりやすんだ。」と・・・

この日から、私の腰の不調とのお付き合い(?)が始まりました。

スポンサーリンク

一旦、回復したものの・・・

その後、リハビリに移り、 電気で刺激を与えた後、赤外線を当てました。
リハビリの先生に「自分でもマッサージをした方がいいですか。」と聞くと、
「痛みが強い時は筋肉が炎症を起こしているので、刺激を与えるのは良くない。さする程度がいい。」との答えでした。

一か月くらいして回復したのですが、軽い腰痛は続いていました。

3年前の秋に、腰痛が強くなり、また整形外科へ行きました。
今度は「疲れが出たんだね。軽い体操をした方がいいよ。それと前かがみにならないことだね。」と言われました。

日ごろの心掛けが大事

先生によると、体操と言っても強い負荷をかけるのではなく、
腹筋ならおへそが見える程度、背筋はあごを少し持ち上げる程度でよいのだそうです。

毎日すればいいのは分かっているのですが、ぼちぼち、という感じで続けています。

あとは、腰に負担のかからない座り方をすることを心がけています。
座る姿勢というのはかなり腰に負担が掛かるのですが、デスクワークのため、椅子に座る事は避けられません。

一番腰に良くないのは、前傾姿勢・・・前かがみですね。
こういう姿勢はダメです(誰…)↓↓↓

腰痛用画像 前かがみ

では、どんな座り方をすれば腰の負担が軽くなるのか?

それは、「乗馬」の姿勢。
つまり「腰骨」を立てて座る事、です。

腰骨を立てると、自然に背骨もまっすぐになり、腰が楽になるのが分かります。

ただ、腰は楽になるのですが、この姿勢、腹筋や背筋を結構使う様で、
普通の椅子だと、背もたれと体の間に隙間が出来てしまい、長時間になると体を支えるのがちょっと辛くなります。

そこで、私は腰~背中と椅子の背もたれの間にエアークッションを挟み、支えています。
この方法にしてから、随分と楽になりました。

とっても簡単で効果があった方法なので(何と言ってもエアークッションを挟むだけ)、おススメです!

おそらくこれからも腰痛を感じることはあると思いますが、気長につきあっていくつもりです。

あわせて読みたい

「ザブポン」腰やお尻に優しいエアークッション!用途無限の携帯座布団
エアークッション『ザブポン』。携帯座布団として、キャンプやバーベキュー、スポーツ観戦、運動会など、アウトドアやレジャーにぴったり。冷えや固い椅子や床でお尻が痛くなるのを防ぎます。フットレストとしても使用出来ます。背もたれクッションにすれば腰痛対策にも効果的。軽くてコンパクトに折りたためるので旅行にもおススメです。
月たった64円!私考案の暖かクッションで冬のデスクワークが快適に
暖かいクッション(座布団)で冬の底冷えをエコに乗り切る!ペットクッションとしてもおすすめです。『頭寒足熱』で長時間のデスクワークや受験勉強にも最適。ザブポンの空気の層と電気マットの組み合わせで冷気をシャットアウトしつつ座り心地も抜群です。フットレスト使いと合わせてお尻と足先を温めれば全身がぽかぽかと快適に過ごせます。
少しでも力んでいるなあと感じたら・・・
例えば野球選手でいうと、2000本安打を放った天才打者全員に共通して言える事は、ちゃんと脇が締まっていて膝の動きが柔らかく、利き手の力を抜いて来た球をミートするのが特徴だそうです。 それに対して...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る