普段使いも出来る!携帯性重視のランタンはこのサイズがおすすめ | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

普段使いも出来る!携帯性重視のランタンはこのサイズがおすすめ


キャンプでも大活躍するランタンですが、スペックや価格で悩む所ですね。

そこで普段使いにも便利なサイズのランタン「Energizer・LEDフュージョン2-IN‐1ランタン」をおすすめします。

ランタンが”ハンドライト”にもなる優れものです。

この手の商品コンセプトには、付加価値を求めるユーザーも多いと思います。

何故なら、「キャンプだけでは勿体ない」って、つい思ってしまうからです。

通常のランタンは、全方位で照らすのが目的ですね?

ランタンを囲み、多くの人が集まる雰囲気は良いものです。

でも、ランタンを一人で使う場合もありますよね。
そんな時は、全方位を照らす事や、大きさというのは必要ないと感じる事もあるんです。

スポンサーリンク

多機能過ぎても使わないかも!?

このシリーズには「Energizer・LEDフュージョン3-IN‐1ランタン」と言うアップグレードバージョンがあります。

「Energizer・LEDフュージョン2-IN‐1ランタン」ランタンに、プラス機能でスポットライト機能が付いたタイプになります。

付属の足を延ばすと、昆虫みたいな形になり狭い場所の探し物にも便利そうですね。

但し、一般的にはこの”付加価値”は使う頻度は少なそうな気がします。

やはり、適度な付加価値が使いやすいと思いますね!
そう言いながらも、「Energizer・LEDフュージョン3-IN‐1ランタン」はマニア心をくすぐられてしまうのも確かなんですよね。

ファーストランタンとして最適

始めてのランタンには「Energizer・LEDフュージョン2-IN‐1ランタン」はベストな選択だと思います。

価格・携帯性・重量とクリア出来る項目は多い優秀なランタンには間違いありませんね。

エナジャイザー LED ランタンはいくつか種類がありますが、このタイプが携帯しやすく一番使いやすいです。

あと重要な事ですが、単三電池使用はかなり有利なんです。

いざとなれば大概のコンビニでも扱っていますし、軽くでかさ張らないのは重宝します。

重く大きい「単一電池」「単二電池」は携帯するには不便なもあります。

特に女性がリュックに入れるには厳しいかもしれません。

その点、軽くてスマートな「Energizer・LEDフュージョン2-IN‐1ランタン」ならお子さんでも楽勝で持てますよ。

良い事ばかり言いましたが、明るさ(ルーメン)と点灯時間には注意は必要です。

一般的には「Energizer・LEDフュージョン2-IN‐1ランタン」の110ルーメンは明るい部類に入ります。

それでも、近年ランランの明るさには驚かされてしまいますよね。

もしランタン選びに迷ったら、電源(電池・燃料等)・明るさ・点灯時間を参考にしてみて下さい。

最適なランタンが、必ず見つかりますよ!


あわせて読みたい

おすすめのランタンはこれ!ランタンの種類別メリット・デメリット
キャンプに行く時、必需品となるのがランタンです。 日常のような蛍光灯の灯りがないキャンプという状況では、夜になると行動が全てランタン頼りになります。 キャンプの雰囲気をぐっと盛り上...
オートキャンプでまず揃えたい。おすすめのLEDランタンはこれ!
キャンプの必需品のひとつ、ランタンにこだわっている方は多いと思います。 ランタンにはいくつかの種類がありますが、その中でLEDランタンは利便性や安全性で人気のあるランタンです。 ここで...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る