オートキャンプでまず揃えたい。おすすめのLEDランタンはこれ! | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

オートキャンプでまず揃えたい。おすすめのLEDランタンはこれ!


キャンプの必需品のひとつ、ランタンにこだわっている方は多いと思います。

ランタンにはいくつかの種類がありますが、その中でLEDランタンは利便性や安全性で人気のあるランタンです。

ここでは私が使っていておすすめのLEDランタンの良い点、悪い点についてご紹介します。

スポンサーリンク

商品名、内容

GENTOS Explorer EX-777XP

  • 単一乾電池3個使用
  • 明るさはHigh/Lowの2段階調整
  • 稼働時間:Highモード72時間 Lowモード144時間
  • 縦約19cm、横幅9㎝の長方形型
  • 上部に取っ手、下部に折り畳み式のフック付き
  • 重量は乾電池を入れた状態で817g
  • 防滴仕様(IPX4準拠)

電池は付属していますがテスト用電池です。

最初に使用する際は、新しい電池を用意しておきましょう。

GENTOS Explorer EX-777XPのいいところ

このランタンのいいところは、まずボタン一つで点灯することです。

ガス式のランタンの場合、点火部にマントルを付ける、カセットガスを設置するといった面倒な作業がありますが、こちらは乾電池を入れるだけなのですごく簡単です。

また取っ手が付いているので、手持ちで持ち運びできる上、移動中も安全です。

LEDのため、テント内や車内でも使用できます。

テント内では下部のフックを使ってぶら下げて室内灯として使えるのが便利でした。
やっぱり、上からの灯りがあると断然テント内が見やすいです。

パーツにガラスがないのもあわせて、ファミリーキャンプ、特に小さな子供がいる場合はLEDの方が安心ですね。

GENTOS Explorer EX-777XPの残念なところ

重量が700gと重いことです。

オートキャンプやファミリーキャンプの時には感じませんが、単独行の登山キャンプなどで持ち運ぶ際にザックに入れて運ぶ場合、かなりの負担になります。

また縦18cmとザックの中でもかなりのスペースを取り、圧縮袋で圧縮した寝袋と変わらないくらいの大きさになります。

リュックに入れる荷物には向きません。

また、単一電池を3個使用するため、重量が重くなったり、滅多に使わない単一は予備がなかったりしますので電池スペーサーをランタンとセットで荷物に入れておくことをおすすめします。

最後に

GENTOS Explorer EX-777XPはオートキャンプやファミリーキャンプなどにおすすめの商品です。

ザックに入れて担ぐ場合は、もっとコンパクトな商品が良いと思います。

キャンプを行うシチュエーションによって、ランタンを使い分けることも必要なので、複数の違うタイプのランタンを所有すればもっとキャンプが楽しくなると思います。


あわせて読みたい

おすすめのランタンはこれ!ランタンの種類別メリット・デメリット
キャンプに行く時、必需品となるのがランタンです。 日常のような蛍光灯の灯りがないキャンプという状況では、夜になると行動が全てランタン頼りになります。 キャンプの雰囲気をぐっと盛り上...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る