ホタル観賞と持ち寄りバーベキュー | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

ホタル観賞と持ち寄りバーベキュー

真冬以外は、何やかやとアウトドアご飯を楽しんでいます。

その中でも、これからの季節はキンキンに冷やしたビールと共に楽しめる、一番いい季節です!

テント泊、舎営、デイキャンプ、色々ありますが、
場所だけ決めて、あとは来れる人が来れる時に、という場合が多いので、
大概、各自持ち寄り&現地でそれぞれが自分で作ってシェアすることになります。

のんびりすることが基本なので、調理にはそれ程時間は費やさず、
その代わり、ずーっとダラダラ飲んだりつまんだりしています。
この時間が至福です!

子供たちは、焚火をしていれば火の番をしたり、余った食材で勝手に何か作ってみたり、
大人の話に混ざってみたり(つまみだされますが)、子供同士でテントに潜り込んで内緒話してみたり・・・


今回は、知り合いのセカンドハウスでホタル鑑賞会&バーベキューです。

家のすぐ裏が綺麗な川になっていて、ウッドデッキから降りることが出来ます。
羨ましいです!
IMG_2082w
バーベキューのメイン食材担当を、主催者の方が申し出てくださったので、後はいつもの様に各自持ち寄りです。
IMG_2084w

変わり種?は、参加者の一人が来る途中で調達してきた破竹と山椒の葉っぱ。
採り立てなのでそのまま炭火で焼いて、山椒を混ぜた味噌を付けて頂きました!
もうビールが進んでたまりません。
IMG_2072w

IMG_2075w
適当な持ち寄りあるある①:ししゃも祭り

IMG_2074w
適当な持ち寄りあるある②:梅酒祭り

それから、豚バラのブロック。今回は、前日からクレイジーソルトを擦り込んで表面の水分を抜いたものを用意。

塊のまま焼くつもりでしたが、プチトマトが大量にあったので薄切りにしてプチトマトに巻き、楊枝で止めて焼きました。
一緒にご一緒した方の提案だったのですが、これが、私の中では一番のヒットでした!
IMG_2070

他には、小さなお子さんもいるので、ミートローフのタネを作って深型のアルミ皿に入れて持って行きました。
これは、全体をアルミホイルでくるんで上下をひっくり返しながら焼きます。

持ち寄りにすると、同じ食材でも人によって色々な味付けや調理方法があったりして、
沢山の発見があってとても面白いです。

今年は蛍も見ることが出来、ゆっくり炭を囲んで語り会う時間は、とても楽しかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る