Jリーグをスタジアムで観てみよう! | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

Jリーグをスタジアムで観てみよう!

karahurunaisu

生ほど臨場感のある事はありません!
何でも生で観るのとテレビや端末で観るのとは大違いです。
殊更スポーツは迫力と熱気が違います。やっぱり生が一番です。

サッカーは身近なスポーツになりました。
Jリーグが始まってから20年以上。
野球に比べたら歴史の浅いプロサッカーリーグであるJリーグですが、
特筆すべきは全国各地にクラブチームが存在している事です。

スポンサーリンク

地域に根差したチーム数の多さが魅力

プロ野球はセパ合わせてもたったの12チーム。
かたやJリーグは三部生で、トップリーグのJ1が18チーム、J2が22チーム、J3が16チーム、合計56チームがあるのです。 全てのクラブが地域に根ざした運営をしています。
これがJリーグの最大の特徴。地元のチームの応援に行きやすい環境があります。
逆にテレビ中継はほとんどありません。
スカパーが全試合を放送していますが、スカパーと契約しない限りテレビで観る事ができません。

一方野球はチーム数が少なく、ほぼ毎日ゲームが行われており、歴史が古く関心も高いので、テレビ放映が多いプロスポーツです。
お勧めしたいのはスタジアム観戦です。
全国に56チームありますから、毎週末には多くのスタジアムでゲームが行われています。

間近で見る臨場感が最高のスタジアム観戦

野球チームは少ないので全国の皆さんが観戦に行く事は難しいですが、
Jリーグの場合は、皆さんの家から遠くない場所で、毎週ゲームが行われているのです。
是非一度足を運んでみて下さい。
生で、間近にみるプロのサッカーに引き込まれるはずです。
生は本当に見ごたえがあるのですよ。

そして、できればサッカー専用スタジアムで観てみて下さい。
ご近所のスタジアムがサッカー専用スタジアムで無い場合は仕方が無いですが、
サッカー専用スタジアムは臨場感が違います。

陸上競技場ではないので、トラックがありません。ですから、選手がゲームをしているピッチから観客席が近いんです。
生でサッカーを観るととても臨場感がありますが、サッカー専用スタジアムで観ると迫力が本当に違います。
選手どうしの声もよく聞こえて来ますし、必死でプレイする選手の姿が目に焼きつきます。

実はJ1でもサッカー専用スタジアムを本拠地としているクラブは少ないのが現状です。
柏レイソルの日立柏サッカー場、鹿島アントラーズの茨城県立カシマサッカースタジアム、大宮アルディージャのNACK5スタジアム大宮、浦和レッズの埼玉スタジアム2002、ガンバ大阪の市立吹田サッカースタジアムの5ヶ所しかありません。

先ずは地元チームのスタジアムを生で観戦して欲しいです。
そして機会があったら、サッカー専用スタジアムに足を運んでみて下さい。
生のサッカーを観たら、面白さにはまってもらえると思います。

あわせて読みたい

「ザブポン」腰やお尻に優しいエアークッション!用途無限の携帯座布団
エアークッション『ザブポン』。携帯座布団として、キャンプやバーベキュー、スポーツ観戦、運動会など、アウトドアやレジャーにぴったり。冷えや固い椅子や床でお尻が痛くなるのを防ぎます。フットレストとしても使用出来ます。背もたれクッションにすれば腰痛対策にも効果的。軽くてコンパクトに折りたためるので旅行にもおススメです。
遂に出会えた!快適に「スポーツ観戦」を楽しむためのマストアイテム
昨年の夏、友人に野球観戦に誘われました。 阪神甲子園球場のデーゲームです。 でも・・・私、暑いところがとても苦手なのです。 誘ってくれたのは嬉しいけど、暑いところは苦手なので・・・と...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る