味も見た目も自慢のアウトドア料理、フライパンで簡単パエリア。 | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

味も見た目も自慢のアウトドア料理、フライパンで簡単パエリア。


アウトドア大好きな我が家。

外で楽しむ料理は、それだけで贅沢な気分になりますが、たまには、より贅沢な気分を味わえる様なメニューはいかがでしょうか?

最近のお気に入り、パエリアのレシピです。

今回は、炭火の場合、ガスの場合の両方の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

見た目も華やかなメイン料理、パエリア

準備

【用意するもの】

  • (炭火の場合)BBQコンロや焚火台 または カセットコンロ
  • (ガスの場合)カセットコンロ
  • フライパン(大きめ)
  • フライパンの蓋(なければアルミホイル)

炭火の場合は、炭を起こしておきます。

【材料】

  • 米4合
  • オリーブオイル
  • トマト缶 1缶
  • 玉ねぎ 1つ
  • にんにく 一片
  • ピーマン 1つ
  • パプリカ(あれば) 1つ
  • レモン 1つ
  • 鶏もも肉 300g
  • あさり 300g
  • エビ 300g
  • その他お好みの魚介類
  • コンソメキューブ 1個
  • あさりやエビは殻つきですと、とても美味しい出汁が出ます。
    ただ、キャンプで扱うには少し面倒なので、冷凍のシーフードミックスでも構いません。
  • あさりは是非入れてくださいね。断然美味しくなります!
  • 鶏肉は入れるとボリュームが出ますが、なくても大丈夫です。
  • 緑のピーマンは加熱すると色が悪くなるため、みじん切りにして混ぜ込みます


少ない量を作る場合は、トマト缶を1缶使い切れませんよね。

そんな時はトマト缶ではなく、プチトマト5~6個を水と一緒のタイミングで加えて炊き込みましょう。
取り分ける時にざっとつぶします。

トマト缶よりあっさり仕上がりますが、美味しいですよ。


あわせて読みたい

バーベキューでの炭のおこし方について
バーベキューといえば、まずは炭を起こさなければ始まりません。 最近は炭おこしも含めて準備も全て業者にやってもらう人もいるみたいですが、やはり一から全部やるからこそ楽しいし、より美味しく感じる...

炭火で作る場合

【作り方】

  1. 玉ねぎは大き目のみじん切り、ピーマンはみじん切り、パプリカは縦1㎝弱の幅に切る。
  2. 炭が少し強火のときにフライパンで鶏肉、あさり、エビ、パプリカをオリーブオイルで炒める。
  3. 火が通れば塩胡椒で味を整え、別皿に移しておく。
  4. 炎が上がらない火加減になったら、空になったフライパンを置いてオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくと玉ねぎ、ピーマンを炒める。
  5. にんにくのいい香りがして来たら、米を生のまま加えて炒める。
  6. 米が半透明になったらトマト缶の中身をざっとつぶしながら入れる。
  7. トマト缶の半量の水とコンソメを入れる。
  8. 表面を慣らして塩胡椒で味を整え、別皿に取っておいた具を乗せる。
  9. フライパンに蓋をし、弱火のまま30分待つ。
  10. 火からおろし、パプリカを散らす。仕上げにくし切りにしたレモンを添える。

ガスで作る場合

【作り方】

  1. 玉ねぎは大き目のみじん切り、ピーマンはみじん切り、パプリカは縦1㎝弱の幅に切る。
  2. 強めの中火でフライパンを熱し、鶏肉、あさり、エビ、パプリカをオリーブオイルで炒める。
  3. 火が通れば塩胡椒で味を整え、別皿に移しておく。
  4. 中火のまま、空になったフライパンを置いてオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくと玉ねぎ、ピーマンを炒める。
  5. にんにくのいい香りがして来たら、米を生のまま加えて炒める。
  6. 米が半透明になったらトマト缶の中身をざっとつぶしながら入れる。
  7. トマト缶の半量の水とコンソメを入れる。
  8. 表面を慣らして塩胡椒で味を整え、別皿に取っておいた具を乗せる。
  9. 強火で加熱し、沸騰して2~3分たてば弱火にして蓋をし、弱火のまま30分加熱する。
  10. 火からおろし、パプリカを散らす。仕上げにくし切りにしたレモンを添える。


あわせて読みたい

庭BBQにはコレ!炭を使わないカセットコンロで簡単&片付け楽チン
我が家ではキャンプ以外のホームバーベキューを、年に数回やっています。 最初の頃は、キャンプ同様に炭火でやっていましたが、 肉から滴る油で網に黒い油が浮くし、煙も多く出ます。 ご近所に...

最後に

手順が多いのでややこしそうですが、基本的にどんどん材料を炒めていき、最後に水分を加えたら蓋をして炊くだけです。

短時間で簡単に美味しいパエリアができます。
見た目が華やかな料理がテーブルにあると、アウトドアでのご飯が一気に盛り上がります!

サフランの代わりにトマト缶を使うのかポイントです。

アウトドアでの料理ですので、出来るだけ材料や手順を省いていますが、凝ろうと思えばいくらでも出来るのが料理の楽しいところです。

今回は省きましたが、サフランを使ったり、白ワインを加えたり…

具も、イカやホタテなど、魚介類を沢山入れると豪華で美味しくなりますね。
サフランを入れる場合は、あらかじめサフランを20~30分ほど水につけて色出しをしておきます

また、フライパンではなくパエリアパンを使うと一気に本格的な雰囲気になります。

パエリアは子どもでもおいしくいただけて、テーブルも華やかになるのでおすすめです。

ぜひお試しください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る