バーベキューでの炭のおこし方について | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

バーベキューでの炭のおこし方について

MOK_jyu-si-nahurankuhuruto (1280x853)

バーベキューといえば、まずは炭を起こさなければ始まりません。
最近は炭おこしも含めて準備も全て業者にやってもらう人もいるみたいですが、やはり一から全部やるからこそ楽しいし、より美味しく感じると思うのです。

バーベキューの炭をセットする時のポイントは、火力の強い部分と弱い部分ができるように炭の量を調整する事がまず第一です。
こうする事で強火で焼いた肉を弱火の部分に移し、焦げないように調整しながら食べる事ができます。
よくいっぺんに乗っけ過ぎて食べきれず焦げてしまいますよね? それを防ぐことができます。

これ大事です! せっかくのお肉ですから! 出来るだけ無駄なく食べたいですもんね。

炭の置き方ですが、できればまず底にクズ炭を敷き、その上に焚き付けを並べます。
こうする事で、全体への火付きがよくなります。

そして炭はただバラバラと置いたり横に並べて置くのではなく、組み木をするように、炭と炭の間に空間ができるように配置します。こうする事でうちわで扇いだ時に風通しがよくなり、火が付きやすくなります。

並べ終わったら、後は焚き付けに火をつけ、うちわで扇いで火をおこしましょう。

我が家では、キャプテンスタッグの「炭焼き名人」という炭おこしの道具を使っています。
炭を入れて、コンロにかけておこします。 優秀ですラクチンです~♪

これを購入してからは、着火剤いらずです。
折りたためるのもいいですよ◎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る