とろんつるんと美味しいひんやり夏スイーツ♪杏仁豆腐のすいか乗せ | アウトドア好き40代主婦のインドアな生活

とろんつるんと美味しいひんやり夏スイーツ♪杏仁豆腐のすいか乗せ

すいか杏仁

杏仁豆腐、大好きです。

先月、ケーキ屋さんで、スイカと杏仁豆腐の組み合わせを初めて食べて・・・

お、おいしいーーーーーーーーーー!と感動!

で、すいかの季節が終わってしまう前に作らねば・・・というか、
正直に言うと、「食べたいのを我慢できない」って感じでしょうか…。

杏仁豆腐すいか乗せ♪

実は、杏仁豆腐を作ったのはこの夏が初めて。
これは2回目なのですが、初めて作ったやつは大失敗。
食べるの無理…っていうくらいの出来栄えでした。

煮溶かして冷やして固めるだけだから簡単やん。ってタカをくくっていたのですが、やっぱり何でもやってみないと分からないと痛感しました。
簡単なんて勝手に思ってごめんなさい。

「もちもちぷるん」の口当たりが好きなので、寒天ではなくアガーでゆるめに作ってみましたが、うーーーーーーん。

「つるんとろん」としてて嫌いじゃないんだけど、「ぷるぷる」ではないなぁ。
もう少し、もっちりの方が好みかな。
やっぱり、ゼラチンかなぁ。

ちょっとだけ作るのって寂しいのでドーンと作るのですが、杏仁豆腐を食べるのは、我が家で私だけ・・・
(スースーするから嫌だそうで)

誰にも気兼ねなくたっぷり食べられるからいいんですけどね・・・

小さなグラスに入れるのも可愛くていいのですが、
大きなカレースプーンなんかで、冷えた杏仁豆腐をグワ!と食べるのも満足度が増して◎です。

レシピというほどの物はありません。
スーパーの中華材料売り場で「杏仁霜(きょうにんそう)」を買ってきて、
パッケージ通りに作り、カットしたすいかを乗せただけです。

1点、コツというか注意点は、よーく混ぜて結構しっかり煮溶かさないと粉っぽいままの仕上がりになってしまいます。
ちゃんと煮溶けて粉っぽさがなくなっているか、味見は必ずした方がいいです。

私は、生クリームを使わずに牛乳だけで作ってあっさり食べるのが好きです。

すいかと杏仁豆腐、合います!美味しいですよ。
すいかが果汁たっぷりなので、シロップいらずです。

「杏仁霜(きょうにんそう)」はパウダー状のもので、150g入りのボトルで600~700円くらいでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る